top of page
  • 84clinic

松本先生と在宅医療について語り合う



先日、北野病院副院長の松本先生とお会いしてきました。

ともに脳神経内科医としてたくさんの患者さんと接してきて、在宅医療の必要性を強く感じています。

認知症やパーキンソン病などは治療法が発達したとは言え、残念ながら病気が進行してしまうことも少なくありません。

その時、通院が困難になったからといって、医療を受けられなくなってしまってはいけません。訪問診療という形で脳神経内科医による専門的な医療を提供していかなくてはいけないと感じております。日々の体調に合わせて薬の調整を行うことで、体の状態を整えることができます。

松本先生からは「地域の役に立つよう、汗をかいて足を動かせ」と激励の言葉を頂きました。

はしクリニックでは、常に患者さんに寄り添った医療を提供していきます。

閲覧数:1,199回0件のコメント

最新記事

すべて表示

パーキンソン専門施設

最近。パーキンソン専門をうたった施設が増えてきております。 聞くところによると、パーキンソン病対応と言いながら、脳神経内科医が診療を行っていない所もあるようです。 当院では、いくつかの施設より依頼があり、訪問診療を行っています。 施設によりそれぞれ特色はありますが、いずれもしっかりと対応されています。 施設入所で悩まれている方のご相談にものっていますので、ご希望の方は一度ご連絡下さい。

新年度

4月より新たに2人の医師が在宅医療を担当してくれています。 2人ともまじめで丁寧な先生で、これからも地域の力になれるよう頑張って参ります。 在宅医療のニーズはますます高まっていますが、訪問診療、訪問看護、デイサービス、ショートステイ、施設、、、、など制度は複雑です。 神経疾患などで通院にお困りの方がおられましたら、一度相談も含めて受診して頂ければと思います。

子宮頸がん予防ワクチン

令和5年4月1日より9価のHPVワクチンであるシルガード9🄬が公費で接種可能になりました。電話で予約受付中です。 ・1回目が15歳未満→ 2回接種 ・1回目が15歳以上→3回接種 が厚生労働省より示されております。 https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kenko/kenko_hokeneisei/yobosesshu/kodomo_yobosesshu/teik

Comments


bottom of page