話し出したら止まらない音楽の話(個人の感想多め)


スタッフMです。

YouTubeのTHE FIRST TAKEご存じですか?先日MISHAが歌ってました。MISHAの歌聴くと心臓震えませんか?実際ほんとに共鳴してると思う笑。素晴らしいですよね。


それよりも何よりも、私、OFFICIAL髭男DISMのライブ行きます!ヒゲダンは人生一、もはや神さまで、聴いてテンション上がるのはもちろん、気分落ちてる時には「ヒゲダン、ヒゲダン、ヒゲダン、早く聴かなきゃー」って求めまくります。そういう存在大事ですよね。

声、曲、言葉のチョイス、全部が感性にハマって、人生にこんなに素晴らしいアーティストが現れてくれたことが嬉しい。

聴くと、耳から入って全身にザーって流れる感覚。

あれ?もしかして私って前世ヒゲダンだったのかな?ってぐらいフィットする感じ笑、理屈じゃない。


有名じゃない曲がほんとに素晴らしくて聴いてほしい、イメージ変わると思います。

おしゃれだし、激しいし、弾けてるし、疾走感あるし、荒ぶってるし、根暗だし、卑屈だし、形容しつくせないけど、どの曲もヒゲダンでしかあり得ない。


選びきれないけど、ひとつだけご紹介します。ご興味あれば...

ヒゲダンファンのバイブルとして、『異端なスター』特にライブバージョンがいい!

...あ、あと、『相思相愛』大好き、相思相愛サンキューグッバイの曲です。

『夕暮れ沿い』『tell me baby』『ペンディング・マシーン』『ブラザーズ』『日曜日のラブレター』...


↑結局ひとつとか無理、止まりません、あと5時間語れるのでやめときます。全てスタッフM個人の感想です。長々とアツく語っちゃって失礼しました。


コロナ禍で感じましたが、音楽って心を癒すし、場合によっては生きる支えにもなることがありますよね。特に他の手段が少なくなってしまった場合、好きな音楽を聴いて気分を上げて心の健康を保てる。テンションをコントロールできる。お医者さんと同じぐらい大切な役割を果たす場合もあると思います。

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

誰が決めたんルール

スタッフMです。 誰が決めたかわからないし、むしろ決まってはいないけど大多数が「それが当たり前」と思ってるルールみたいなものって結構ありますよね。 例えば、先日、母と食事の話になり、「おかず2品は作らなあかんよな」って言われました。(←そもそも日常的に3品以上作ってる方には、え??2品??少な笑、って思われると思いますが) それを聞いて私は「え!誰が?いつ?そんなん決めたん?!」って思いました。

最近気になるドラマの話

スタッフMです。 坂元裕二さんって、最近でいうと『大豆田とわ子と三人の元夫』の脚本家なんですけど、この方のドラマには名言がたくさん出てくるんです。 他にも『最高の離婚』とか『カルテット』とか。なんか小説も読んだかな、タイトル『初恋と不倫』笑。登場人物の言葉のやりとりが独特で、異様に面白い。その中にも真理があって。 数年前はなんとなく見てたんですが、最近もう一度見ると、「めっちゃわかる~」って思うこ